茨木市 整体で満足度NO1! 茨木市高槻市エリアで人気の整体院 腰痛坐骨神経痛専門 辛い肩こりもお任せ下さい

整体療術院

健友館ウエスト

大阪府茨木市総持寺駅前町6−13 大紅ビル103号

受付:平日 9:00~19:00(土・日曜は ~17:00)

阪急京都線 総持寺駅 徒歩1分

 土・日曜も営業しています !
お気軽にご相談ください

ご予約はお電話でどうぞ!

072‐627-4038

椎間板ヘルニアの治し方

椎間板ヘルニアとは

背骨は24個の椎骨という骨が縦につながっています。その椎骨と椎骨の間にあるのが椎間板(ついかんばん)です。

椎間板は中心にゼリー状の髄核(ずいかく)があり、それを包む線維輪(せんいりん)という丈夫な組織からなっています。

線維輪は弾力性のある軟骨組織が幾重にも重なっていて、髄核を守ると同時に上下の椎骨をしっかりとつなぐクッションの役割をします。

この椎間板に強い圧力が加わったり、線維輪の弾力性が低下すると、そこに亀裂が生じて髄核が飛び出し、神経の出口(神経根)を圧迫することがあります。
さらに周辺の組織にも炎症が起きて、強い痛みが起きます。

これが「椎間板ヘルニア」と呼ばれるものです。「ヘルニア」とは、狭義では髄核の「飛び出し」(=定位置にないこと)を意味します。

背骨のどこにでも起こる可能性はありますが、大きな負担のかかる頚椎や腰椎に起こりやすく、特に腰椎椎間板ヘルニアは、強い腰痛や下肢痛を引き起こします。

激しい運動や力仕事などで異常に負荷がかかったり、支える筋力の低下や肥満などが引き金と考えられます。年齢的には20~30才代の方に多く見られます。

髄核が飛び出て神経が圧迫されるのは、どの方向にもありますが、多くは後ろ側です。背骨の後方には脊髄から出た多くの神経がありますので、神経根から出た坐骨神経が刺激されると、お尻から下肢(太もも~指先)にまで、激しい痛みやシビレが現れることになります。

症状としては、前屈みになったりイスに座ったときに特に強くなります。前屈みになると椎間板の内圧が高まり、神経根をより強く刺激するからです。姿勢によって楽になったり痛みが弱くなったりするのはそのためです。

病院での一般的な治療

病院では問診と画像診断が主流です。実は、レントゲン検査だけでは判断が非常に難しいのです。

なぜなら、骨は確認できても軟部組織や神経などはその画像に映りません。神経検査とMRI検査ではほぼ確定が可能といえます。

治療はまず保存療法で痛み止め薬の注射や内服・湿布などの投薬をして、安静にして様子を見ます。薬や注射では一時的に痛みが緩和してもすぐに戻ることがあります。

牽引療法も行います。通院リハビリでの間欠牽引や入院しての持続牽引です。腰や足にベルトをかけて錘で背骨を引き伸ばします。これにも限界があります。

腰に日常的にコルセットを巻きつけるよう指示されることもあります。これは一時的に緩和する効果はあるものの、長期では周辺の筋力が弱まり、再発し易いデメリットもあります。それでも痛みが取れず日常生活に支障が出る場合は、切除手術となります。

保存療法を行なって、自然とヘルニアが治ることはもちろんあります。しかし、最後の手段である手術をしても、まだ痛みやシビレが残ったり、さらに再発を繰り返すというケースも多々あります。

ここまでやってしまうと、他にはなすべき方法がありません。ここに西洋医学の限界があるといえるでしょう。近年は医者も手術をあまり勧めない傾向があるようです。

椎間板ヘルニアの施術

多くの患者さんに見られるのは、画像にヘルニアが存在するのに痛みは消えている、または画像でヘルニアが見つからないのに痛みが出ている、という矛盾することが度々あります。

これは静止状態での画像だからです。痛みなどの症状は特定の動作でないと出ないことから、MRI検査を含めて画像だけでは100%の判断は難しいといえるでしょう。

椎間板ヘルニアは髄核の飛び出しによる神経圧迫が原因ですので、髄核と神経が当らないようにすれば、痛みやシビレの症状を改善することができます。つまり、髄核と神経が離れていれば症状は出ないのです。

当院では飛び出した髄核を元の椎間板に戻すことに最重点をおきます。

施術はまず動作での確認で痛みの原因を探り、次に硬直した筋肉を手技で緩めてから、背骨や骨盤の歪みを正しい位置に矯正することで、神経圧迫を除去していきます。重症の場合が多いですが、ほとんどが病院の治療できちんと回復できなかった方々です。

症状の重い椎間板ヘルニアは完全改善に時間がかかりますが、当院で根気よく施術を続けることで早期に改善することが可能です。

各症状別の治し方

ご予約・ご相談はお電話でどうぞ!

ご予約は、今すぐお電話!
お待ちしております!

整体療術院 健友館ウエスト

072‐627-4038

◆平 日 9:00~19:00 ◆土・日 9:00~17:00

<定休日:火曜・祝日・第2日曜>

   お知らせ

初回料2,000円OFFキャンペーン! 

「健友館ウエストのホームページを見た」と電話予約の際にお申し出下さい。

アクセス

072-627-4038

住所

〒567-0802
大阪府茨木市総持寺駅前町6-13 大紅ビル103

阪急京都線総持寺駅 徒歩1分

営業時間

営業日
 
午前×
午後×
受付時間

〔平 日〕9:00~19:00
〔土・日〕9:00~17:00

定休日

〔火曜・祝日・第2日曜〕

※出張・研修等のため臨時休業する場合があります。

ご予約・お問合せ

072-627-4038

お気軽にお電話ください。

掲載メディアご紹介

多数の図書に掲載!

健友館ウエストは数多くの整体健康関連の書籍に掲載されています。

『グッバイひざ痛』

グッバイ・シリーズの『グッバイひざ痛』(越田昭著・アース出版)
他に『坐骨神経痛』や『椎間板ヘルニア』『股関節痛』『五十肩』『肩こり』『むち打ち症』などがあります。

『ポッコリお腹は骨盤矯正で解消!』

『ポッコリお腹は骨盤矯正で解消!!』越田昭著(本の泉社)