スマホで撮った写真画像で初めて知ったデリケートゾーンの黒ずみ

スマホの写真画像で驚くデリケートゾーンの黒ずみ

近年若い女性の間では、ムダ毛処理が当たり前となっています。脇の下は完全脱毛ですし、デリケートゾーンもそのままという人は少ないでしょうね。かって羽織袴の時代から洋服が流行したように、女性の身だしなみも先進国に近づきつつあります。

食文化などで日本が西洋から注目される反面、西洋に迎合する風潮があるのも事実です。それはともかくとして、ムダ毛が綺麗になったかどうかを確認するためにスマホで写真を撮ったところ、その画像に写っているデリケートゾーンの黒ずみが気になるというトラブルが続出しているのです。確かにデリケートゾーンの黒ずみをネットで調べてみると、写真画像を掲げながら嘆いている女性のブログも沢山あります。

それではどうして?スマホで撮影した写真画像に、デリケートゾーンの黒ずみが確認されやすいのでしょうか。私たちが生きている世界には、因果律という法則があります。要するに原因と結果の関係です。素晴らしい芸術作品があれば、必ずその芸術を生み出した作者がいるはずです。従って自分のデリケートゾーンを撮影した際にも、写真画像に黒ずみが確認された場合にもその原因が必ず何かしらあるはずです。

どうしてデリケートゾーンの写真画像に黒ずみが確認されるのか?

自分でデリケートゾーンのムダ毛処理をした際に、どうして写真撮影した画像に黒ずみが確認されるのか?ですが、考えられる原因をご紹介します。まずは気になる黒ずみの正体ですが、それはメラニン色素と呼ばれる成分です。

今回取り上げているデリケートゾーンの黒ずみもそうですが、海水浴や日光浴で日焼けするのもメラニン色素で皮膚が黒ずんでしまうのです。メラニン色素は、私たちの皮膚を守ろうとして活性化されやすいのです。

例えばよくある日焼けについては、太陽の紫外線を強く浴びると活性酸素が増えるので、皮膚細胞が傷んだり最悪皮膚がんに至ることもあります。そのためメラニン色素が、紫外線からの悪影響を守る役割を果たしているのです。あるいは皮膚がこすれたり強く圧迫されるなど、何等かの刺激を受ける際にも皮膚を守ろうとしてメラニン色素が過剰に生成されやすくなります。

もちろんその他にもホルモンバランスが乱れてお肌のターンオーバーが悪化した時にも、スマホで撮った写真画像を確認するとデリケートゾーンの黒ずみが酷くなっているはずです。

どうしたらデリケートゾーンの黒ずみが薄くなった写真画像になるのか?

デリケートゾーンの黒ずみの原因が分かったところで、今後どのようにして解消していけばよいのでしょうか?それには、普段からメラニン色素が過剰に生成されないようにする必要があります。言い換えれば、デリケートゾーンに外的な刺激がいかないように努力する必要があるということです。

具体的には、まずはポリエチレン製の小さな下着ばかり着用している女性であれば、綿やシルク製のゆったりした下着に変更する必要があります。その結果、黒ずみが薄くなったかどうかをスマホの写真画像で確認することも大切です。あるいはムダ毛の処理をする際に、カミソリを強くあててジョリジョリと刺激しないよう気を付けることも大切です。

お風呂でデリケートゾーンを洗う際にも、タワシタオルでゴシゴシと強く洗うのもNGです。できれば専用の石鹸を使うことをお勧めします。さらには、ホルモンバランスが乱れないよう食生活を正す必要性もあります。そしてそれらの点について、実行前と実行後に写真画像を確認するとより分かりやすいのではないでしょうか。