デリケートゾーンの黒ずみを皮膚科で治療するには?

皮膚科でクリームによるデリケートゾーンの黒ずみの治療方法

デリケートゾーンの黒ずみが気になる方もいるかもしれませんが、その治療方法や改善方法はいくつかあります。美容皮膚科でも治療可能となっており、その方法としては、レーザーと薬用クリームを使うのが一般的です。

処方される薬用クリームは、主に美白成分が配合されます。どのクリームを使うかによっても、配合される成分に違いがあり、いくつか複数成分が含まれるクリームもあります。このような黒ずみに使えるクリームは、市販品よりも効果が高いです。

美白クリームで効果的にデリケートゾーンの黒ずみを解消したいとなれば、皮膚科で処方してもらうと良いでしょう。ただし効果が高い反面、副作用が出やすいので、皮膚の弱い方は注意して使うようにしてください。

皮膚科でレーザーによるデリケートゾーンの黒ずみ治療

美容皮膚科では、レーザーを使ってデリケートゾーンの治療も可能です。これは美白クリームと併用し、より効果を高めることも出来ます。レーザーであれば効果がより出やすいですが、その分費用は高いです。美容皮膚科で使うレーザーは主に4つです。

インティマレーザー

黒ずみの改善の他に、尿漏れなどにも使われます。熱で焼かずに、粘膜に吸収されて黒ずみを改善するので痛みが少なく、施術回数が少なくて済みます。早いと施術開始から2ヶ月ぐらいで効果を実感できるでしょう。

レーザートーニング

メラニンを破壊するレーザー治療です。肌の奥のメラニンをレーザーで破壊し、デリケートゾーンの黒ずみを改善します。低刺激で痛み少なく、割安な治療法補です。

炭酸ガスレーザー

レーザーの中でも一般的であり、熱によって黒ずみを除去します。熱を使いますが針で刺された程度の痛みであり、皮膚の回復が早く、綺麗にデリケートゾーンを治療したい人におすすめです。

サーミVa

高周波で血行促進しコラーゲンを増やし黒ずみを改善します。施術開始してから早い時期に効果を実感しやすく、同時に血行改善も期待できます。

皮膚科で薬によるデリケートゾーンの黒ずみ治療

美容皮膚科では、薬を使ってデリケートゾーンの黒ずみ治療をすることも多いです。薬の処方なので、皮膚科での治療では一般的と言えるでしょう。

使われる薬としては、まずはハイドロキンです。デリケートゾーンの治療に使われることが多く、美白作用が高いのでメラニンの生成を阻止します。効果が出やすいですが、他の薬との併用や紫外線によって、皮膚がかぶれることがあるので、注意して使用した方や良いです。トレチノンはターンオーバーを促進する薬です。

メラニン色素が溜まっている部分に使うと、ターンオーバーによって皮膚を改善します。さらにヒルドロイドもあります。これは保湿作用や血行促進作用が高く、黒ずみを改善しやすいです。ただし作用が強いので、病院で処方してもらわないと手に入らず、市販はされていません。